それぞれの夢に向かって

3年生 昼間部 桑原 志保さん(社会人 理学療法士免許取得者)

在校生のメッセージ1.柔道整復師を目指した理由は?
理学療法士の資格を取得したので柔道整復師を取ろうとは考えもしなかったです。接骨院を開業していた身内が病に倒れ閉院となってしまいました。通院されていた近隣の住民から何とか再開して欲しいとの要望が強く、周囲の人たちに相談した結果、私が資格を取得し開業してしまえと思ったところからです。

2.大宮医療に決めた理由は?
自宅から通学しやすく、仕事をしながら学べる時間割と学費が安いという点です。

3.将来の夢は?
柔道整復師と理学療法士の資格を活かして、予防医学やアフターケア等の介護方面の相談もできる場所がつくれたらいいなと思っています。

4.入学を希望する後輩へ一言
骨折と脱臼の整復ができるのは、医師と柔道整復師のみです。その知識と技術を手に入れるためには
「骨を知って骨を征する」です。そのためには、「コツコツ努力!」コツコツ勉強することは骨(ホネ)が折れることですが、是非とも骨折、脱臼の整復ができる柔道整復師を目指してください。

2年生 昼間部 大久保 優生さん(高校卒)

在校生のメッセージ1.柔道整復師を目指した理由は?
野球部でケガをした際に接骨院に行き、柔道整復師の先生に的確な治療していただいたのをキッカケに柔道整復師になろうと思いました。

2.大宮医療に決めた理由は?
クリニックやフィットネスジムが併設されており、授業以外のこともいろいろと学べると思いました。

3.将来の夢は?
野球でケガをした経験などを生かしてスポーツトレーナーとしても働きたく、将来は接骨院の開業も目指します。

4.入学を希望する後輩へ一言
勉強のことが一番不安だと感じていると思いますが、先生方は優しく丁寧に教えてくださります。柔道整復師の資格取得を目指す者同志お互い頑張りましょう!