• 明日の日本のスポーツ界を支える医療・トレーナー・コーチの育成
  • 動作の仕組みに基づく技術論
  • 動作の仕組みに基づく指導法

本物になる近道は本物に学ぶことです。

講師

【プロフィール】
前田 健(まえだ けん)
BCSベースボールパフォーマンス代表

1968年生まれ、埼玉県出身。

前田健写真筑波大学、筑波大学大学院で体力トレーニング論を専攻後、日本石油(現JX-ENEOS)野球部トレーニングコーチを経て、2003年、当時の星野仙一監督の要請を受け「野球の動き作りと体作りの専門家」として阪神タイガーストレーニングコーチ就任。同年、18年ぶりのリーグ優勝に貢献した。現在は、野球の動作改善専門のコーチング施設「BCSベースボールパフォーマンス」を兵庫県芦屋市、新宿区、名古屋市、仙台市、茨城県つくば市、韓国に開設し、プロ、アマ問わず、全国の野球選手、チームのパフォーマンス向上をサポートするとともに、「動作の仕組みに基づく技術論」を野球界に根付かせるべく活動している。
BCSベースボールパフォーマンス公式HP:http://www.bcs-bp.com

前田健先生から新入生へのメッセージ

明日のスポーツ界をリードする、人体の知識を持つ本物のコーチの育成

これまでの日本のスポーツ界では、優秀な成績を収めた競技経験者が
その経験と独自のノウハウを買われて技術コーチに就任するのが慣例となっています。
確かに一線で活躍し続けてきた経験や独自のノウハウにはとても貴重な価値があります。
しかし、的確な指導で技術(動作)を改善し、選手のパフォーマンスを狙い通りに向上させるためには、
人体や運動の法則に精通し、動作の仕組みを熟知していることが不可欠です。
特に、これからの少子化の時代には、競技未経験の選手でも高いレベルに育てることができる指導力が求められるでしょう。
それには、競技経験に基づく個人の感覚だけでは困難であり、基礎知識を学ぶ指導者育成のシステムが必要になります。

本学院では、柔道整復師の養成という枠組みにとらわれず、
その人体への専門知識をベースに、野球、ゴルフに特化して、
動作の仕組みに基づくトップレベルの技術指導が行える人材育成を、来年度より新たにスタートしていきます。

医療✕野球、ゴルフのコーチング。明日のスポーツ界をリードするのはあなたです。

著書

『ピッチングメカニズムブック・理論編』
(2010年2月12日発売)
『ピッチングメカニズムブック・改善編』
(2010年2月19日発売)

『バッティングメカニズムブック・理論編』
(2013年6月発売)
『バッティングメカニズムブック・改善編』
(2013年7月発売)

授業内容

※随時更新いたします。