本学院の特長

1.臨床教育の重視


柔道整復師の主な業務は、骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷の施術です。柔道整復師あるいは医師の国家資格を持つものがこれらの医療行為を施すことができます。
医師になるためには、長い臨床研修の時間が義務付けられているのに対して、柔道整復師はほとんど臨床研修教育を受けないまま、柔道整復師養成校から輩出されます。
そのため、卒業後すぐに骨折、脱臼などの施術ができる柔道整復師はほとんどいません。

注)
1.医師は、臨床研修を2年間行った場合のあくまで目安の時間です。
2.柔道整復師は、カリキュラムの臨床実習科目の時間です。

本学院では卒業後すぐに活躍できる柔道整復師を育成するため、卒前研修制度を設けており、学生の間に多くの臨床経験が得られます。
一般的な柔道整復師養成校の約9倍もの臨床教育研修時間をとおして、多くの経験を得ることで、即戦力の柔道整復師になることができます。

注)1.大宮医療専門学院は、卒前研修に2年半参加した時間と臨床実習科目の時間を併せた時間です。

2.三位一体の教育

txt_tokucho_photo生活習慣病予防、介護予防対策を推進するには、医療・運動・栄養指導を三位一体とする教育が必要です。安全かつ確実に運動を行えるような疾病予防運動施設を兼ね備えた医療機関と提携し、科学的根拠に基づいた運動処方を出す必要があります。特に生活習慣病の患者さんは、経時的なデータ管理も必要であり、一生涯を通しての自己管理、継続した治療を施していかなければなりません。
本学院が他校と比べて特徴的な「栄養学」をカリキュラムに導入しているのもそのためです。

3.フィットネスクラブ無料

txt_tokucho_photo4本学院併設のメディカルフィットネスクラブは、通常のフィットネスクラブと異なり、医療法42条に基づいて認可された医療法人が運営する、埼玉県内初の疾病予防運動療法施設であり、運動療法を中心に栄養管理・休養等総合的な健康指導を行なう施設です。本学院の、医療・運動・栄養の三位一体の理念に則り、本学院在学生はこのような最先端の施設を3年間無料で利用できます。

4.国家試験対策

txt_tokucho_photo5国家資格である柔道整復師への関心はますます高まっています。本学院では経験豊かで優秀な講師陣のバックアップのもと、受験資格取得はもちろん、国家試験100%合格を目指し熱心かつ実践的な指導を行っていきます。また、国家試験の対策として、「国家試験対策ゼミ」を行っております。

5.昼間部(午前授業)

 

午前授業
授業は月曜日〜金曜日の週5日です。
1限目は9:30~11:00、2限目は11:15~12:45となり、授業終了後の午後の時間を有効に使うことができます。
また、日中はお勤めの社会人の方やダブルスクールで通いたい方は、夜間部でのご入学がオススメです。

6.学費


大宮医療専門学院での3年間に掛かる学費
昼間部 → 262万円
夜間部 → 252万円