卒業後も、本学院関連医療施設で、卒後研修を受けることができます。
より多くの臨床体験を積む事によって、傷病などに関する医学的判断能力など資質向上を図り、実務能力を高めることができます。

目的

柔道整復師が医療人としての人格を涵養するとともに、果たすべき社会的役割を認識しつつ、業務として取り扱う外傷などに適切に対応できるよう、基本的な臨床能力(態度・基本的知識・技能)を身につける。

研修期間

原則として3年間(当学院の付属関連施設にて勤務)

対象者

原則として、大宮医療専門学院柔道整復師科を卒業し3年未満の免許取得者。ただし、他校を卒業した免許取得者で、卒業後3年未満の希望者も研修可能。

研修内容

医療人としての基本的姿勢・態度

良好な患者・施術者関係、守秘義務、インフォームドコンセント、安全管理

経験すべき柔整療法・検査・手技

医療面接技法、身体診察法(検査、手技を含む)、柔道整復師の業務範囲、て既往章の見極め、緊急性の把握と対応

経験すべき施術法・評価

整復、固定、後療法、治療機器の効果と取扱い、患者評価・指導管理

経験すべきその他事項

施術録・証明書などの記載、各種保険取扱い事務、医接連携

 

谷津田 優樹(大宮医療 第10期生)

本学院を卒業し、現在は卒後研修生として大宮医療専門学院の研修施設で働いています。
研修施設のクリニックへは骨折等の外傷患者も多く来院しており、授業で学んだ症例以外も多く診て学ぶことができています。将来開業した際には、柔道整復師として自信を持って施術に当たることが出来ると思っています。現在、身を置いている環境は自分にとっての財産になっています。