卒前・卒後研修日誌

大宮医療専門学院の卒前・卒後研修日誌です。各研修施設で日々行われている研修の様子をお知らせいたします。

卒前研修 平成28年度生研修終了
卒前研修おつかれさまでした。卒業は研修期間の3年間、頑張った皆さんの成果であります。さて、知っての通り、本学の教育理念の中に「知識、技術教育重視」、「実践教育重視」があり、卒前研修で数多くの症例をみてきました。卒業時の皆さんの顔を見ていますと、希望に溢れ、自身に満ち満ちているように見えます。3年前の入学式に比べ、一回り...
卒前研修 助手としての役割
肘頭骨折及び足部骨折のギプス(キャストライト)固定時に助手を行いました。助手には2つの状況があります。第一に術者を助ける人手という文字通りの役回りです。第二に術者の技を学ぶという立場です。柔道整復術に腕持ち3年、足持ち7年、包帯10年という言葉があります。骨折で固定する際に、助手は固定する関節の角度を絶対に変えてはいけ...
卒前研修 中足骨骨折
負傷名:左第5中足骨骨折 54歳、女性。バレエ稽古中、左足部を捻り受傷。外観(受傷後12日)、X線像(初検時) 
卒前研修 指部損傷の固定
指部損傷は日常遭遇する損傷です。疼痛や不安定性を残さないように治療することが必要です。本日はテーピング及び熱可塑性樹脂(プライトン)の固定を練習しました。 1.テーピング固定             2.熱可塑性樹脂(プライトン)固定 ①患部にあわせて切ります...
卒前研修 傷害と障害の違い?
傷害は外傷と障害に分類されます。外傷とは1回の強い力で起こる怪我(けが)で、障害は使い過ぎでおこります。我々が取り扱うのは外傷がメインです。外傷の中に骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷(肉離れ)が含まれます。
卒前研修 クイズ 接骨院・整骨院?
問題 柔道整復師の施術所の名称で法的に許されていないのはどれか。 1.◯◯接骨院 2.◯◯柔道整復院 3.◯◯整骨院 4.ほねつぎ                 答え 3 現状において「整骨院」の名称で開業している施術所も多いが、行政上の...
臨床実習 肘頭骨折(経過観察)
スケートをしている時に転倒して肘頭骨折をした患者さんの初診時より約2週間目の経過観察です。 骨癒合も順調なことと肘関節屈曲制限防止のため、肘関節伸展位での固定から15度屈曲位固定にギプスを巻き直しました。         2W後の  X – P        2W後の外観 肘関節伸展位固定から15度屈曲位固...
臨床実習 肘頭骨折 
スケートをしている時に転倒して左肘を打ち受傷、左肘頭骨折と診断された患者さんの経過観察です。 肘頭骨折は、上腕三頭筋の付着部位でもあり骨片が上腕三頭筋により牽引されるため、肘関節は伸展位(肘を伸ばした状態)で固定します。 骨融合が図られてくれば徐々に屈曲位に固定を変えていきます。 来院時は、肘関節周囲だけだった皮下出血...
柔道整復術の整復 橈骨遠位端部骨折(コーレス骨折)整復前・整復後
柔道整復術の整復法とは、骨折や脱臼などにみられる転位を生理的状態に復する手技です。可能な限り早期に施行することで、損傷組織の治癒過程が良好に進行する目的が達成されます。転位したまま放置すれば、周辺の筋腱や関節の機能低下や障害、二次的な神経・血管・皮膚への障害や損傷、美容的醜形などの諸問題が発生します。柔道整復師が行う整...