卒業後の進路

高齢社会対策が叫ばれる今、国民の健康や予防医学に対する関心は益々高まっており、医療分野以外にも福祉・介護やスポーツの世界など、国家資格である柔道整復師の需要はどんどん広がっています。

pic_way

独立開業

接骨院開業

柔道整復師は、独立開業をすることができる数少ない職業です。
医療従事職の中で独立開業をできるのは、医師、歯科医師、あんまマッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師のみであり、とても魅力的な職業といえるでしょう。自分の判断で施術を行うことができ、収入面でも大きく伸ばすことができます。

就職

接骨院勤務

卒業後は接骨院に勤務する柔道整復師がほとんどです。
現場での経験を通してより高度な知識、スキルを習得し、独立開業を目指します。

病院・クリニック勤務

整形外科やリハビリテーション科で、スタッフとして働くことができます。 整形外科を受診する患者数は内科に次いで2番目に多く、とても身近な診療科です。また、リハビリテーション科も近年増加傾向を見せており、多くの柔道整復師が活躍しています。

ケアマネージャー

要介護者や要支援者のためにどのような介護が必要か、計画を作成する専門職です。計画を実現するために各自治体や事業者と連携を取り、一人ひとりと直接接することが多いため、やりがいのある職業です。柔道整復師として実務経験5年以上で受験資格が得られます。

スポーツトレーナー

プロスポーツ選手やアマチュアスポーツ選手のコンディションを保って、より高い競技が行えるように指導をしたり、事故や怪我、病気などを防いだり回復させる職業です。近年のスポーツ人口の増加により、活躍の場が広がっています。また、運動療法を取り入れる医療機関も増加しています。

機能訓練指導員

要介護者の機能維持向上や、残っている能力を発揮させるためにリハビリなどの指導を行う職業です。特別養護老人ホームには1人以上配置しなければならないとされており、柔道整復師の資格があればこの職業につくことができます。

進学

大学・大学院

大学、大学院への進学から、研究職へと進むことができます。

柔道整復師養成施設

教員養成講習会を受講し、柔道整復教員を目指します。

卒後研修

大宮医療専門学院 卒後研修

柔道整復師卒後臨床研修施設として認められた当学院関連のクリニックで卒後研修を受けることができます。3年間常勤として勤務し、より多くの臨床体験を通じ、知識、技術の向上を図ります。
>>卒後研修制度