指部損傷は日常遭遇する損傷です。疼痛や不安定性を残さないように治療することが必要です。本日はテーピング及び熱可塑性樹脂(プライトン)の固定を練習しました。

1.テーピング固定

 

 

 

 

 

 

2.熱可塑性樹脂(プライトン)固定

①患部にあわせて切ります。 ②お湯で軟化します。

 

 

 

 

 

③患部に当て、硬化します。 ④環軸帯(包帯)で固定します。