卒前研修・臨床実習  中手骨骨折

今週の日曜日、研修施設のクリニックに駅の階段で転びそうになり手をつき、右手に痛みを訴え来院した患者さんがいました。
エックス線検査の結果、右第4中手骨骨折と診断され整復と固定の処置が施されました。
研修生は、教員から受傷機序と骨折している個所の説明を受け、実際に患者さんに固定したアルフェンス固定方法の練習です。
これから研修生は、患者さんの骨折の治癒過程を経過観察しながら勉強していきます。