卒前研修・臨床実習 下腿部肉離れ

今月初め、ソフトボールをやっている時に急に足を踏み出した際、左下腿部に痛みを訴えクリニックに来院した患者さんがいました。
左下腿部肉離れと診断され、足関節尖足位でギブス固定を施し、2週目で底背屈中間位にギプス巻き直し、本日は3週目でギプスシャーレ固定に変更となりました。
ギプスシャーレ固定とは、ギプス固定した個所を縦半分に切断し、その半分を固定材料として使用して包帯固定するものです。
研修生たちは、ギプスカットとシャーレ作り、シャーレ固定方法を見て、患者さんの経過状態を先生方から学んでいました。