卒前研修・臨床実習 肩部・前腕部包帯固定

本日は、肩部と肘から前腕部にかけての包帯固定の練習です。
肩部は、鎖骨骨折を想定して練習していました。
鎖骨骨折の場合は、胸郭を拡大しながら固定を施さないと再転位してしまう場合がありますので、特に緩みのないよう注意して巻かなければなりません。
研修生・1年実習生は、研修施設のクリニックに来院された鎖骨骨折の患者さんのレントゲン写真を診てからイメージしながら固定練習を行っていました。
        鎖骨骨折