上腕骨外科頸骨折(早期運動療法)受傷後1週

皮下出血
これは通常は赤紫色ですが、皮膚表面に近いところの出血では赤みが強く、深いところの出血では青みを帯びてみえます。そして、時間がたつにつれ、器質化し褐色から橙黄色、淡黄色へと変化し、やがて薄らいでゆきます。

運動療法
受傷後3日から手指の運動療法開始、6日後に肘関節の屈伸運動、1週後に肩関節の運動療法を早期に開始しました。早期肩関節の運動療法の目的は、肩関節の拘縮予防と早期復帰です。