夜間部授業 橈骨遠位端部骨折 

付属研修施設(クリニック)の夜間診療中に橈骨遠位端部骨折の患者さんが来院され、1年夜間部の学生が柔道整復学の授業の合間に、患者さんのレントゲン写真や実際にギプス固定する様子を見学しに行きました。
学生たちは、実際に来院され骨折と診断される患者さんは、教科書に載っているものばかりではないことをレントゲン写真を診ながら実感していました。
当学院では、研修施設(クリニック、接骨院)が同じビルの1階にあるので、外傷の患者さんを見学し勉強しやすい環境です。