卒前研修・臨床実習 下肢の固定

本日の研修は、下肢のケガに対する金属シーネ固定と松葉杖歩行の練習です。
固定材料は、ソフトシーネというソフトウレタンで金属副子を被覆した副木で、クッション性が高く患部にフィットしやすいのが特徴です。
実際にソフトシーネで固定され松葉杖歩行も試しながら、患者さんがどのような気持ちで日常生活を送るかの体験です。
患者さんの気持ちになって固定処置を施してやることが大切だということを実感している様子でした。