柔道整復術

柔道整復術は骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷(肉ばなれ)の外傷に当たって治療の理想である無血整復治療を行うことが本領であり、切開手術によって治療を施す医師とは全く異なる独自の技術である。(骨折・脱臼の無血治療法 医歯薬出版株式会社より一部改変引用)
施術(治療)の目的は患者の苦痛を一刻も早く取り去り、患部の回復を図ることによって、早期に社会復帰させることです。

包帯巻き 「柔道整復術は包帯に始まり包帯に終わる」と言われています。

超音波観察(アキレス腱の観察)