卒前研修 超音波観察

単純X線撮影法は、骨の外傷(骨折・脱臼)には適していますが、軟部軟部組織(筋・靱帯・腱)損傷には適していません。捻挫、肉ばなれ、打撲の損傷には超音波観察が適しています。まず、観察に必要な解剖の断面を学ばなければいけません。