卒前研修 橈骨遠位端骨折の整復・固定

橈骨遠位端骨折(コーレス)骨折は発生頻度が高く、手の掌(ひら)を衝いて転倒し、手関節が腫(は)れている時は第一に疑います。小児から高齢者に発生し変形治癒(へんけいちゆ)、機能障害を残しやすいので正確な整復と固定が必要となります。
骨折・脱臼の無血治療法 医歯薬出版より一部改変引用