本日の研修は、研修施設であるクリニックの看護師の指導のもと、心電図検査を学んでいました。
心電図検査は、不整脈などの循環器疾患の診断に重要な検査です。
柔道整復師養成校でも生理学や一般臨床医学の授業で、心電図にみられる棘波の名称や意味を勉強し国家試験問題にも出題されています。
接骨院に来院される患者さんの中には高齢者の方も多く、心臓に疾患を持っている方もいるためです。
研修生たちは、心電図が正確に測定できる端子の位置や付け方を真剣に勉強していました。
本学院のクリニックでは、このような心電図検査やエックス線検査など、教科書上での勉強だけでなく実際に体験することもできます。