卒前研修 柔道整復師に求められるマナー

 卒前研修1年生は前腕骨の骨折を見学した際に、肘関節の関節可動域の計測方法を学びました。上腕骨を基本軸とし、橈骨を移動軸として、健側と患側の可動域を比較しました。
 次に柔道整復師に求められるマナーについて、挨拶、表情、態度、身だしなみ、言葉使い、電話や受付での大切さを学びました。

あいさつの基本
かるく
つも
きに
づける
<接遇マナー講座より>