マシントレーニング⑦ 卒前研修

今回は、腹筋を鍛えるトレーニングマシンの「アブドミナル」を紹介します。

使用方法は、
1.イスの高さを調節します。イスの高さは少し低めにセットします。
2.肘をパッドに当てて、グリップを軽く握ります。
3.上体を折り曲げるように前方に倒します。
4.倒しきったら、ゆっくり元の位置に戻します。
5.2~4を繰り返し行います。
注意点として、
イスのセットする高さが高ければ上体を倒すときの角度が浅くなり負荷が軽くなります。イスを低めにセットすると上体を倒す角度が深くなり負荷が多くかかります。

腹筋運動は、マシンを使わずに気軽にできるトレーニングですが、自分自身の筋力(主に腹筋、背筋)だけでは出来ない方も多くいらっしゃいます。アブドミナルでの腹筋運動は上腕の力の補助があるので、腹筋・背筋の筋力が弱い方でも運動が行いやすくなります。

卒前研修では、リハビリや生活習慣病あるいはダイエットのためのトレーニングメニューの作成を行い、実際に自分で行ってみています。お腹周りのたるみは、老若男女問わず気にするところです。今回紹介したアブドミナルでの運動以外にも腹筋運動の方法は多岐にわたってあります。研修では、自身の体で身をもって体験することで、将来は運動療法・指導ができる柔道整復師の養成をしています。

次回は、大胸筋を鍛えるマシンを紹介する予定です。 (運動指導員:石原)