ギプス固定(卒前研修)

卒前研修で足関節のギプス固定の練習を行いました。使用した固定材料は、水硬化性プラスチック材で商品名ではキャストライトをいうものです。このキャストライトは石膏ギプスに比べて非常に軽いという利点があり、現在ではほとんどの医療機関で使用されています。欠点として水につけてから素早く巻かないと直ぐに硬化してしまい巻けなくなってしまうことです。巻く場合も、綺麗に均一に巻かないと厚い個所や薄い個所が出来てしまい、神経・血管を圧迫したり負荷がかかると割れてしまうことがあります。包帯がしっかり綺麗に巻けないとギプスも綺麗に巻けないことになります。
卒前研修では、通常の授業ではあまり練習することがないギプス巻きを1年生の内から練習を行わせてもらっています。(卒前研修生)