足関節テーピング(卒前研修)

クリニックや接骨院では、足関節を捻って負傷し来院される患者さんがケガの中では比較的多くいます。その際の処置として非伸縮性のテープで固定することがありますが、ただテープを巻けばいいものでなく、巻く方向、角度、シワ、食い込み等に注意して巻かないとテープが剥がれて固定が緩んでしまうことがあります。卒前研修では、実際に先生方が患者さんにテーピングを巻いているところを見れたり、指導を受けたり研修時間の合間に練習することもできます。卒前研修に入っていると研修に入っていない学生より綺麗に早く巻けるようになっているのを実感しています。 (卒前研修生)