3年生が実習の時間を利用して、大宮医療専門学院付属のクリニックでレントゲン写真の撮影方法と読影を勉強していました。
肩関節の正面像と側面像、スカプラY像、膝関節の側面像撮影時の膝関節の角度などを診療放射線技師の先生から、実際にクリニックに来院された患者さんの骨折や脱臼のレントゲン写真を柔道整復師の先輩から学んでいました。
柔道整復師は、骨折、脱臼の整復(ズレた骨を元に戻す)とその治療ができるので、レントゲン写真の読影ができないとエビデンスに基づいた良い治療ができません。
大宮医療専門学院では、同じビルの1Fに付属のクリニックがありますので、卒前・卒後研修あるいは授業の実習時間を利用して実際の患者さんのレントゲン写真を診て勉強できる機会が多くあります。