本日は、クリニックに来院されている外傷患者さんのレントゲン写真を診ながらの症例勉強会を行いました。
肩関節前方脱臼の患者さんのレントゲン写真を診ましたが、教科書に載っている通りに肩甲骨の烏口突起の下に上腕骨骨頭がありました。
肩関節脱臼は外観からも鑑別することは容易といわれますが、実際のレントゲン写真を診ると上腕骨骨頭が転位していることがはっきりわかります。
研修に入っていると教科書に載っている症例が実際に診ることができるので非常に勉強になります。

勉強会(レントゲン写真)

勉強会(レントゲン写真)