昨日、大宮ヒルズクリニックに肘頭骨折の患者さんが来院されました。
トラックに接触しそうになり、左肘を曲げて体をかばおうとした際に、左肘が当たり倒れて受傷したそうです。
レントゲン写真を診ても骨折している個所が直ぐにわかりました。
肘頭は、上腕三頭筋という肘関節を伸ばす(伸展)強力な筋肉が着く場所です。そのため、肘を伸ばしたままで固定しなければ筋肉の牽引力で更に骨片の転位が大きくなってしまうことがあります。
骨折も筋肉の着くところによって骨片の転位が変わってくるので、解剖学(筋肉)もしっかり勉強していかねければならないと感じました。
DSC_0071図1