研修施設(大宮ヒルズクリニック)に足関節の外果骨折の患者さんが来院されました。
外果とは、一般的に「外くるぶし」といわれるところです。
足関節を強く捻ったり、外果部に直接外力が加わって起こる骨折です。足関節部の骨折はなるべく解剖学的状態に戻さないと足関節の動揺性や機能障害を残してしまうので重要な骨折であると教科書に記載してありました。
図1IMG_2104
学院の先生が、患者さんの膝関節の下から足の指に掛かる手前のところまでキャスト材といわれる固定材料で固定するところを見学しました。キャスト材は水に濡らしてしてから使用するのですが、すぐに硬くなってしまうので巻くスピードも要求されます。
ただ固定するだけではなく、素早く丁寧に機能障害を残さないような固定をしなければならないことを実際の患者さんに固定するところを診て勉強しています。